サポート対象製品

当社は、製品の最新バージョンを常に使用することを推奨します。最新バージョンは、企業ユーザ様向けに最も広範囲のセキュリティとサポートを提供します。

製品ライフ サイクル ポリシー

概要

製品はさまざまな理由からサポート中止になります。需要の変化、技術革新、競争状況の変化といった理由や、単に製品が満期になり、新製品に置換されるといった理由が考えられます。こうしたことは製品のライフ サイクル全体を通しては一般的なことですが、エフセキュアでは、サポート中止という事態によって、お客様の環境のエフセキュア製品にどのような影響が生じるのかお客様に確認をお願いしなければならなくなるということを認識しています。

これを踏まえ、当社では、お客様に製品のサポート中止に十分対応し、代わりのエフセキュア製品およびソリューションへ移行していただく上でエフセキュアが果たす役割をご理解いただくために、エフセキュアのサポート中止ポリシーを策定しました。

サポート終了日以降に製品を使用した場合のリスク

私たちを取り巻く脅威は絶えず進化し、エフセキュアが提供する保護もそれに合わせて進化します。古い製品では新種のあらゆる脅威に対処できません。

サポート対象外の製品バージョンについては、セキュリティ フィックスおよび非セキュリティ フィックスは提供されません。また、サポート中止製品に対しては、パターン ファイルのアップデートはテストされません。このため、古い製品の保護性能および信頼性は低下し、たとえば製品の誤動作、サードパーティ製ソフトウェアとの競合、誤検出といった問題を招く恐れがあります。