Virtual Security

最適なパフォーマンスを確保しながら、妥協のないセキュリティを実現する、仮想スキャンサーバ

お問い合わせ

仮想環境に対する、包括的でリーズナブルな価格のセキュリティ

エフセキュアの仮想スキャンサーバは、今日では一般的な混在環境におけるニーズを満足させるために設計されています。 パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方のソリューションに対し、また仮想サーバ、仮想デスクトップ(VDI)に対しても保護が可能で、Vmware、Citrix、Hyper-V、KVMなどの最も一般的な仮想環境をサポートしています。

仮想スキャンサーバは、エフセキュアクライアントセキュリティのアドオン製品で、スキャンレピュテーションサーバを使用して、スキャン処理を負荷分散してパフォーマンスとセキュリティを最適化します。 したがって、仮想スキャンサーバのユーザは、すべてのクライアントセキュリティ機能を利用することができます。

  • 特に、仮想環境におけるセキュリティの課題に対応するように設計されています。
  • あらゆる仮想化環境(VIまたはVDI)でハイパーバイザーに依存しないソリューションを導入
  • マルウェア、エクスプロイト、フィッシング、およびネットワークベースの攻撃に対して、プロアクティブなビヘイビアベースの保護

仮想スキャンサーバを導入しているシステムでは、導入していないシステムよりパフォーマンスが17%優れています。

(Scanning and Reputation Server 12.0)

利点

エフセキュア仮想スキャンサーバは、純粋な仮想環境、混在、あるいはハイブリッド環境のいずれに対しても、最高レベルの保護を提供します。分散した専用のサーバでスキャンを行うため、スキャンによる負荷が軽減され、仮想環境におけるパフォーマンスを最適化します。

仮想スキャンサーバは、パフォーマンスが重視されるスキャン処理を負荷分散することで、エフセキュア製品(クライアントセキュリティ、クライアントセキュリティプレミアム、サーバセキュリティ、メールサーバセキュリティ)のリソースの最適化も可能にします。

仮想スキャンサーバは、構成済みの仮想アプライアンス、および仮想マシンテンプレートへのワンタイムインストールにより、導入が簡単です。

  • よりシンプルに
  • パフォーマンスを向上させるために、CPUを集約的に使用するスキャン処理を、専用のスキャンレピュテーションサーバに負荷分散
  • 仮想マシン上でのメモリ、CPU、ディスク容量の消費を削減
  • ひとつのパッケージにすべての機能が収められ、シンプルな価格体系と、リーズナブルなトータルコストで、仮想環境と物理環境の双方を保護します。

機能

リアルタイムの保護

仮想マシン上のファイルやWebコンテンツを保護

マルチレイヤの保護機能

高度なビヘイビア分析、WEBコンテンツ制御、ブラウザ保護、自動ソフトウェアアップデートを提供

スキャンレピュテーションサーバ

仮想環境におけるデスクトップとサーバのパフォーマンスを最適化

集約された管理用コンソール

エンドポイントとサーバを、物理・仮想環境の両方の環境で管理

マルチプラットフォーム対応

広く利用されている仮想化環境のすべてに対応: VMware、Citrix、Microsoft Hyper-V、KVM

製品

もはやパフォーマンスとセキュリティの間に妥協はありません。

仮想スキャンサーバは、CPUを集約的に使用するスキャン処理を、専用のエフセキュアスキャンレピュテーションサーバ(SRS)に負荷分散することで、仮想マシン上のCPUとメモリ消費を削減できます。

  • パフォーマンスへの影響を最小限に抑えるために、マルウェアのスキャンとコンテンツのレピュテーションチェックを負荷分散します。
  • ファイルレピュテーション分析、シグネチャベーススキャン、複合オブジェクトスキャン、Webコンテンツスキャンを実行します。
  • 広く利用されているすべての仮想化プラットフォームに対応した仮想アプライアンスに導入することができます。 VMware、Citrix、Microsoft Hyper-V、KVM

混合環境と仮想環境に対応した高度なセキュリティ機能

クライアントとサーバにインストールされた軽量エージェントは、スキャンレピュテーションサーバの上に追加のセキュリティ階層を提供します。

  • 高度なビヘイビア分析、WEBコンテンツ制御、ブラウザ保護、自動ソフトウェアアップデートを提供します。
  • フルエージェントのインストールと比較して消費リソースが少ないため、仮想環境でのパフォーマンスを最適化します。

もはやパフォーマンスとセキュリティの間に妥協はありません。

仮想スキャンサーバは、CPUを集約的に使用するスキャン処理を、専用のエフセキュアスキャンレピュテーションサーバ(SRS)に負荷分散することで、仮想マシン上のCPUとメモリ消費を削減できます。

  • パフォーマンスへの影響を最小限に抑えるために、マルウェアのスキャンとコンテンツのレピュテーションチェックを負荷分散します。
  • ファイルレピュテーション分析、シグネチャベーススキャン、複合オブジェクトスキャン、Webコンテンツスキャンを実行します。
  • 広く利用されているすべての仮想化プラットフォームに対応した仮想アプライアンスに導入することができます。 VMware、Citrix、Microsoft Hyper-V、KVM