F-Secure Cloud Protection
for Salesforce

F-Secure Cloud Protection for Salesforceは、Salesforceが持つセキュリティ機能を補完して、ユーザーによってアップロードされるファイルやURLに起因するリスクを抑制します。

Salesforceが持つセキュリティ機能をさらに強化します。

エフセキュアは、Salesforceとの連携により、カスタマーやパートナーや従業員がSalesforceにアップロードするコンテンツのセキュリティを確保するソリューションを生み出しました。F-Secure Cloud Protectionは、責任共有モデル上で動作するクラウドエコシステムとして、クラウド内のリスク抑制を目指すセキュリティ戦略にとって不可欠な構成要素です。

  • Salesforceに合わせた設計
  • ミドルウェア不要
  • 次世代のセキュリティ
  • 高度な分析機能

Salesforceとの連携により、世界屈指のクラウドプラットフォームの安全性をさらに高めます

F-Secure Cloud Protection for Salesforceがあれば、Salesforceにアップロードされた悪意のあるファイルやURLを利用した攻撃から組織を守ることができます。

F-Secure Cloud Protection for Salesforce

  • Salesforceに合わせた設計

    このソリューションはSalesforceと共同で開発、設計されているので、シームレスな統合が可能です。

  • ミドルウェア不要

    Salesforceとのcloud-to-cloudな統合により、F-Secure Cloud Protectionはミドルウェアや高額な追加投資を必要としません。
    無料試用版

  • 次世代のセキュリティ

    リアルタイムの脅威知見やスマートクラウドサンドボックスなどにより、単なるウイルス対策ソリューション以上の効果をもたらします。

  • 高度な分析機能

    充実したレポート、高度なセキュリティ分析、そして、完全な監査証跡により、脅威への効率的な対応が可能になります。

Salesforce環境の保護に向けたエフセキュアの働きに非常に満足しています
当社は、主要な大学と連携し合いながら学生たちの成功を支援することを、第一とする組織であるため、学生や教育機関から提供される情報の機密性を何としても確保しなければなりません。彼らのプライバシーは当社のセキュリティ能力にかかっており、その信頼に応えられるか否かは当社の評判を左右します。 エフセキュアは当社の期待に十分応えてくれました。市場に出回っているSalesforceセキュリティ製品の中でも最高のソリューションであるだけでなく、それを活用するにあたってエフセキュアチームが提供してくれたサポートの水準は驚くべきものでした。

Dave Gardner

最高技術責任者, Quad Learning

ミドルウェアやネットワーク構成の必要なし

Salesforceとのネイティブなcloud-to-cloud統合のおかげで、F-Secure Cloud Protectionはセキュリティとリソースの両面で最適な選択肢となっています。

サーバーやプロキシといったミドルウェアのデプロイや維持にリソースを割く必要も、ネットワーク構成を変更する必要もありません。

従来のCloud Access Security Brokers(CASB)とは異なり、中間でSalesforceの暗号化を損なうことがないため、より堅牢で、脆弱になりにくい設計になっています。

Salesforce AppExchangeを通じた効率的なデプロイにより、事実上数分で導入が完了するため、長期間で高額なITプロジェクトが不要になります。

お客様のシステムをどう守るか

F-Secure Cloud Protection for Salesforceは、エフセキュアの画期的なセキュリティクラウド技術により、リアルタイムの脅威知見、高度なウイルス対策機能、およびスマートクラウドサンドボックスを用いたシステムの保護を実現します。

ファイル、URL、または電子メール

ファイル、URL、または電子メール

当社のソリューションは、Salesforceの使用を妨げることなく、Salesforceプラットフォーム内におけるファイルのアップロードとダウンロード、リンク、および電子メールを監視します。

Salesforce Cloud

Salesforce Cloud

コンテンツはSalesforce内でインターセプトされ、F-Secure Security Cloud内で特許取得済の脅威分析・検出プロセスにかけられます。

分析

分析

コンテンツのリスクプロファイルに応じて、さまざまな技術を駆使して多段階的な分析プロセスが実行されます。

  • 脅威インテリジェンステスト
  • マルチエンジンウイルス対策
  • スマートクラウドサンドボックス

検出

検出

不正なコンテンツは、ユーザによる利用を防止するべく自動的にブロックされ、ユーザには対処についての助言が提供されます。

対応

対応

充実したレポート、セキュリティ分析、および完全な監査証跡がSalesforceプラットフォーム内で提供されるため、管理者は効率的なインシデント対応が可能です。

セキュリティに対するそれぞれの役割とは

クラウド環境では、クラウドサービスプロバイダーはセキュリティに関して顧客と責任を共有します。これを責任共有モデルと呼びます。

Salesforceプラットフォームは非常に安全なものです。しかし顧客は、ユーザー、カスタマー、およびパートナーによってSalesforceにアップロードされたランサムウェア、マルウェア、および不正URLに対する安全対策を提供する責任があります。

Salesforceとの緊密な連携によって生まれたF-Secure Cloud Protection for Salesforceを使用することにより、セキュリティに関する責任への対処が容易になります。

Share responsibility

ホワイトペーパーをダウンロードする

右のフォームから登録して「責任共有モデル」に関するホワイトペーパーをダウンロードしてください。

お問い合わせ

製品デモや、詳細の説明を希望される方は、申し込みフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。 後日、担当営業よりご連絡させて頂きます。