エフセキュアとは

エフセキュアについて

エフセキュアは、25年以上にわたって、世界中の数千万人ものユーザーをデジタルの脅威から守ってきました。数々の受賞歴を誇るエフセキュア製品は、クライムウェアから企業を標的としたサイバー攻撃まで、あらゆる脅威から個人と企業を保護します。当社の製品は、40以上の国や地域で6,000以上のパートナーや200以上のオペレーターからご購入いただけます。当社のミッションは皆様を世界と安全につなぐことです。

基本データ

1988年設立 / 従業員数 約1000人

ヘルシンキのNASDAQ OMX上場 / 全世界に25のオフィス

売上高1億4,800万ユーロ、EBIT(利払いおよび税引前利益)2,000万ユーロ(2015年)

世界中に数千万人のユーザーと10万社の法人ユーザー

日本法人:エフセキュア株式会社

105-0004 東京都港区新橋2丁目2番9号

営業窓口 03-4578-7710 

ライセンス更新窓口  045-670-0455

メールでのお問い合わせ japan@f-secure.co.jp

デジタル社会では、ハッカー、インターネットトラッカー、オンラインスパイなど、あらゆるサイバー犯罪者が個人情報を狙っています。エフセキュアは、すべてのユーザーが何の不安もなく、デジタルライフを満喫できる自由(フリーダム)を勝ち取るべきだと考えます。こうしたフリーダムへの情熱こそが、より優れた製品やサービスを開発し、皆様のお役に立ちたいと願う原動力となっています。当社にとってのフリーダムとは、ユーザー自らがデジタルライフをコントロールできる環境を確立することです。

F-Secure

企業としての責任

信頼はエフセキュアの企業価値の中核で、当社のコアビジネスには強力な倫理的要素が組み込まれています。当社は、インターネットやモバイルユーザーを犯罪者やウイルス、その他のオンライン脅威から守ることで、社会に貢献します。

エフセキュアは多くの業界団体のメンバーで、公共のセキュリティをサポートする国際団体のメンバーでもあります。当社は良識ある企業として、さまざまな社会活動に貢献しています。

エフセキュアの全てにおいて柱となっているのは、デジタルフリーダムを勝ち取るというミッションです。

エフセキュアの歴史

エフセキュアは、1988年にフィンランドのヘルシンキで設立されました。わずかな人数でのスタートでしたが、スタッフ全員が情熱にあふれ、正しく行動することを最も重視していました。設立以来、多くの変化がありました。デジタル社会の成長とともに、当社も成長していきました。今やセキュリティ分野の世界的リーダーと呼ばれるまでになりましたが、プライバシー、誠実さ、透明性、信頼性という設立当初の志は失っていません。

年月を経て、脅威との戦いの様相は変化しました。マルウェアやその他のオンライン脅威は進化しましたが、戦う姿勢は不変です。

皆様のセキュリティとプライバシーを守り、デジタルフリーダムを勝ち取るために、当社はこれからも戦い続けます。

エフセキュアの年表(英文)

エフセキュアの経営陣

デジタルフリーダムをめぐる戦いの最前線に立つエフセキュア経営陣をご紹介します。

リーダーシップ(英文)