エフセキュア、STOP.THINK.CONNECT.活動のパートナーとして米サイバーセキュリティ意識向上月間をサポート

~ ネットセキュリティの安全を確保するためには、ユーザー一人ひとりの意識と行動が重要 ~

2021年9月30日: 先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、インターネットの安全を守る世界的な活動であるSTOP.THINK.CONNECT. (立ち止まる、考える、楽しむ) の2021年のパートナーとなり、本年10月に18回目を迎えるアメリカのサイバーセキュリティ意識向上月間 (CSAM = Cyber Security Awareness Month) を支援することを発表しました。サイバーセキュリティ意識向上月間のチャンピオン・プログラムでは、企業/学界/政府/地域団体のリーダーが集まり、オンラインの安全性とプライバシーに関する意識向上を推進しています。

エフセキュアの北米オペレータービジネス部門の責任者であるBrian Murray (ブライアン・マリー) は、サイバーセキュリティ意識向上月間への参画について、次のように述べています。
「こうしたオンラインの安全のための啓蒙・教育活動に参画することを誇りに思います。私たちは、デジタル社会の安全性を確保するために、まず私たちが自らの役割を果たし、その上で他者に協力を求めるべきだと考えています。」

また、エフセキュアが5ヶ国合計4,000人 (アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、ブラジルの各国800人) の個人ユーザーを対象に 2021年に実施した新しい調査では、サイバーセキュリティの意識を高めるための取り組みがいかに重要であるかが明らかになりました。 2015年に行った同様の調査結果と比較し、サイバー脅威に対する懸念が一段と高まっており、ユーザーは自らを守るために新たな対策を講じるようになっています。

  • インターネットがより危険な空間になったと感じ、その結果としてオンラインでの自分の行動を変えたと回答したユーザーの割合は、2015年の58%から2021年には65%に上昇しています
  • 59%のユーザーが、データプライバシーに関する悩みが増加しており、その結果、新しいネット習慣を身につけていると答えています。これは2015年の52%から増加しています。

 

サイバーセキュリティ意識向上月間では、自分のデバイス/データ/個人情報を守るために誰もができる具体的な方法を紹介しています。その内容は以下の通りです。

  • 強力なパスワードや多要素認証の使用、安全で最新のソフトウェアの使用など、サイバーハイジーンを向上させるための措置を講じること。
  • 電子メール/テキストメッセージ/チャットなどを悪用したフィッシングの企みについての認識を持ち、疑わしいと感じたら報告すること。
  • オンラインの世界を守るというミッションに参加できるよう一人ひとりが知識や力を身に付け、サイバーセキュリティ分野でのキャリアという道についても考えること。


「テクノロジーは私たちに多くのものを与えてくれますが、ネットに接続されていることによるサイバー犯罪の被害という代償も考慮しなければなりません。意識と行動により、そうした代償を最小化でき、そしてより多くのことをオンラインで行うことができます。ネットセキュリティへの意識を持つことは重要ですが、何をすべきかわからなければ意味がありません。ユーザーたちの行動のために、私たちは最善のサポートを提供したいと思っています。」と、Murrayは締めくくっています。

サイバーセキュリティ意識向上月間について

サイバーセキュリティ意識向上月間 (CSAM = Cyber Security Awareness Month) は、サイバーインシデントが発生した場合に国家の回復力を高めるために、サイバーセキュリティに関する意識を高めることを目的として、イベントやイニシアティブを通じて官民のパートナーとともにサイバーセキュリティに関する教育を提供することを目的としています。2004年に大統領が「サイバーセキュリティ意識向上月間」を宣言して以来、この取り組みは、議会/連邦政府/州政府/地方政府/産業界/学界のリーダーたちによって正式に認められています。より安全で強靭なサイバー空間を維持し、今後も多くの機会と大きな成長の源であり続けるためには、このような一致した取り組みが必要です。
https://staysafeonline.org/cybersecurity-awareness-month/

エフセキュアのセキュリティエキスパートによるネットセキュリティに関するアドバイスは、YouTubeのF-Secure Connected Lifeにてご覧いただけます。
https://www.youtube.com/c/FSecureConnectedLife

エフセキュアについて

エフセキュアほどサイバーセキュリティを熟知している企業は市場に存在しません。1988年の設立以来、エフセキュアは30年以上にわたりサイバーセキュリティの技術革新を牽引し、数千社の企業と数百万人のユーザーを守ってきました。エンドポイントの保護と脅威の検出・対応において他企業を圧倒する実績を持つエフセキュアは、巧妙なサイバー攻撃やデータ侵害からランサムウェアの感染の蔓延までを含む、あらゆる脅威から企業と個人ユーザーを保護します。エフセキュアの先進テクノロジーは、機械学習の力と世界的に有名なセキュリティラボのエキスパートの持つ専門知識を組み合わせた、『Live Security』と呼ばれる独特のアプローチに基づくものです。ヨーロッパにおいて、エフセキュアは他のどのセキュリティ関連企業よりも多くのサイバー犯罪捜査に携わっています。エフセキュア製品は全世界200社以上のブロードバンド/モバイル事業者と数千社にのぼるセールスパートナーを通じて販売されています。


エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

f-secure.coom | twitter.com/fsecure | linkedin.com/f-secure

F-Secure media relations

秦 和哉 (Kazuya HATA)

PR Manager, Japan

+81 3 4578 7745
japan-pr@f-secure.com

プレス登録

F-Secureからのリリース配信をご希望の方は、こちらからご登録ください。

お客様の個人データは、当社の法人向けビジネス プライバシー ポリシーに従って処理されます。