エフセキュア、個人ユーザー向けに強力なパスワードを作成する無料オンラインツールを提供開始

2022年3月2日: 先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、「非常に強力な」パスワード作成のための無料のオンラインツールの提供を開始しました。個人ユーザーの情報を保護するこのツールは、ハッカーによるクラッキングの試みに対抗する強力な新しいパスワードをわずか数秒間で作成します。

エフセキュアが2021年に実施した調査*1によると、新型コロナウィルスの流行以降、多くの人がオンラインサービスやアカウントへの依存度を高めていることがわかりました。パンデミックが始まって以来、3分の1を超える38%の個人ユーザーが、PCでのオンライン購入が増えたと回答しています。また、調査対象者の32%がモバイルでの購入が増えたと回答し、31%がリモートワークの時間が増えたと回答しています。

人々が利用するオンラインサービスのアカウントは、ハッカーによるアカウント乗っ取りのターゲットとなり、個人情報の盗難や詐欺につながる可能性があります。同一パスワードや類似パスワードを使い回していると、1つのオンラインサービスが侵害を受けた際に他のサービスのアカウントへのアクセスを簡単に許してしまうことになります。サービスごとにユニークで強力なパスワードでアカウントを保護することは、こうした侵害を防ぐ上での効果的な対策となります。

エフセキュアでコンシューマーセキュリティ担当のエグゼクティブバイスプレジデントを務めるTimo Laaksonen (ティモ・ラークソネン) は、アカウント保護のためのパスワードの重要性について、次のように語っています。
「オンライン上の重要なアカウントには、強力でユニークなパスワードが必要だということは、もう誰もが知っていることだと思います。しかし、オンラインサービス自体がハッキングされ、ユーザーのパスワードが流出するたびに、『12345』や『password1』といったパスワードが未だに多く見受けられます。パンデミックの影響で、人々が利用するオンラインサービスが増加しており、そのため、アカウントを保護するパスワードの重要性はこれまでにないほど増してきています。これまで30年以上に渡ってユーザーのセキュリティやデータを保護してきたエフセキュアが提供を開始したこの新しいパスワード作成ツールは、ユーザーが使用するオンラインサービスごとに、わずか数秒で強力でユニークなパスワードを作成し、ユーザーが難しいパスワードを作成する手間暇を軽減するものです。」

パスワード作成ツールはパスワードの文字数、大文字/小文字/数字/記号の有無をユーザーが自分で設定できるようになっています。以下のページよりオンラインでお使いいただけます。
https://www.f-secure.com/en/home/free-tools/password-generator

ユニークで強力なパスワードの重要性については、こちらをご覧ください。 (英語)
https://www.f-secure.com/en/home/articles/why-your-every-password-matters

 

*1: F-Secure Consumer Survey Wave 4
実施時期: 2021年6月
調査対象: 日本、ブラジル、フランス、ドイツ、メキシコ、オランダ、スウェーデン、イギリス、アメリカの9ヶ国で各国800名(合計7,200人)
調査方法: オンラインでのアンケート

エフセキュアについて

エフセキュアほどサイバーセキュリティを熟知している企業は市場に存在しません。1988年の設立以来、エフセキュアは30年以上にわたりサイバーセキュリティの技術革新を牽引し、数千社の企業と数百万人のユーザーを守ってきました。エンドポイントの保護と脅威の検出・対応において他企業を圧倒する実績を持つエフセキュアは、巧妙なサイバー攻撃やデータ侵害からランサムウェアの感染の蔓延までを含む、あらゆる脅威から企業と個人ユーザーを保護します。エフセキュアの先進テクノロジーは、機械学習の力と世界的に有名なセキュリティラボのエキスパートの持つ専門知識を組み合わせた、『Live Security』と呼ばれる独特のアプローチに基づくものです。ヨーロッパにおいて、エフセキュアは他のどのセキュリティ関連企業よりも多くのサイバー犯罪捜査に携わっています。エフセキュア製品は全世界200社以上のブロードバンド/モバイル事業者と数千社にのぼるセールスパートナーを通じて販売されています。


エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

f-secure.coom | twitter.com/fsecure | linkedin.com/f-secure

F-Secure media relations

秦 和哉 (Kazuya HATA)

PR Manager, Japan

+81 3 4578 7745
japan-pr@f-secure.com

プレス登録

F-Secureからのリリース配信をご希望の方は、こちらからご登録ください。

We process the personal data you share with us in accordance with our Corporate Business Privacy Policy.