アカウント乗っ取りの手口/方法

アカウントの乗っ取りとは、何者かがあなたのオンラインアカウントに不正にアクセスすることです。アカウントの乗っ取りの手口/方法は以下で確認ください。

アカウントが乗っ取られることで「なりすまし」が発生しますが、これはオンラインアカウントに保存された個人情報が犯罪者に盗まれたときに起こります。ハッカーは盗んだアカウントと情報を使用することで、例えばあなたのクレジットカードで商品を購入したり、あなたの名前でローンを組んだりすることができます。ハッカーがあなたのアカウントを乗っ取るにはあなたのパスワードとユーザー名が必要です。ここでは、彼らが情報を盗むために利用する5つのアカウント乗っ取り手口/方法を紹介します。

1. データ侵害や漏洩を通じてログイン認識情報を盗む

毎年、何十億もの個人情報がデータ侵害や漏洩によって盗まれています。多くの場合、漏洩したパスワードとユーザー名はまさにハッカーがアカウント乗っ取りを実行するために必要とする情報です。ほとんどの人が複数のアカウントで同じログイン情報を利用しているので、ハッカーは漏洩したものと同一のパスワードとユーザー名で他のオンラインサービスにもアクセスしようとします。

2. コンピューターで生成したパスワードで侵入する

ハッカーは単に様々なパスワードを試すことで、あなたが使用するパスワードを探し当てて侵入することができます。そのプロセスを高速で行うために、彼らは数百億とおりのパスワードを、なんとたった1秒でテストできるプログラムを使用しているのです。これにより、8文字のパスワードであれば1時間15分ほどで探し当てられてしまいます。

3. フィッシングによりログイン情報を盗む

犯罪者はまた、被害者にログイン情報を直接尋ねることもできます。これはフィッシング詐欺を通じて行われ、無警戒な被害者は騙されてデータ提供するように誘導されます。フィッシングの試みは、メール、SMSのメッセージ、Web上の詐欺サイト、悪意のある通話アプリ、チャットの会話、電話などを通じて行われます。

4. マルウェアやウイルスを利用してデータを盗む

マルウェアやウイルスにはいろいろな機能があります。典型的な機能として、被害者の利用端末から情報を盗むことができます。パスワード入力の際にキーストロークを記録するようなウイルスは多くありますし、ブラウザを密かに監視して銀行情報を乗っ取ったりするものもあります。これらはウイルス対策ソフトを利用して防ぐことができます。

5. あなたのインターネットアクセスを密かに監視する

インターネット接続の際のトラフィックは、目的のWebサイトに到達するまでに多くのサーバーを通過します。もし何者かがそのルート上であなたのトラフィックを傍受すれば、あなたがインターネット上で行うすべてのことが見られてしまいます。このトラフィックにはあなたのパスワードとユーザー名が含まれています。多くの場合、これらの中間者攻撃は公衆Wi-Fiネットワークや、ウイルス等に感染した家庭のインターネットルーターを介して行われます。これについては、信頼できるVPNソフトウェアを使うことで身を守ることができます。

F-Secure ID PROTECTION

アカウントの乗っ取りや、なりすましを回避したいですか?

「F‑Secure TOTAL」は、複数のオンラインの脅威からユーザーを保護し、犯罪者が情報を盗むことを防ぐサイバーセキュリティパッケージです。ウイルス対策やVPNに加えて、オンライン上のIDを24時間365日監視する便利なパスワードマネージャー「ID PROTECTION」も含まれています。個人情報を含むデータ侵害が検出された場合、ユーザーにいち早く通知が送られます。

クレジットカードが不要で、30日間無料でお試しいただけます。