Mac、iPhone、iPadにウイルス対策は必要ですか?

MacおよびiOSデバイスにはセキュリティの脅威がないというのは一般的な神話です。それでは、MacやiPad、iPhoneにはウイルス対策は必要でしょうか?

Macにウイルス対策は必要ですか?

はい。インターネットはデバイスに関係なく同じです。犯罪者は常にインターネットユーザーのいるところにおり、Macも例外ではありません。Apple製品の普及に伴い、Macのセキュリティを侵害するウイルスが増加しています。Mac OSにはウイルス対策が必要です。

iPhoneにウイルス対策は必要ですか?

iPhoneにとってウイルスはそれほど脅威ではありません。そのため、単にウイルスをブロックするだけのiPhone用のウイルス対策は必要ではありません。しかし、ウイルスだけが脅威ではありません。

たとえば、iPhoneでもフィッシングに遭遇することがあります。フィッシングは、ユーザーを騙して、銀行情報やパスワードなどの個人情報を搾取する詐欺行為です。個人情報を入手した後、ユーザーのお金を盗んだり、オンラインアカウントを乗っ取ったりしようとします。

iPhone/iPad上のウイルスを削除する方法は?

iPhoneやiPadでウイルスを削除しなければならないということはほとんどありません。ただし、多くの正規のアプリは、ユーザーに関する詳細情報を収集することができます。これにより、悪意のあるアプリと通常のアプリの境界が曖昧になります。収集されたデータは、広告主がユーザーによりよい広告を提供するために、ユーザーの行動履歴などのデータを収集・分析し、データから人物像を描く「プロファイリング」のために使用されます。これらのアプリは、iPhoneから簡単にアンインストールできます。

厄介な所は、望ましくない動作と、それを引き起こしているアプリを特定することです。だからこそ、アプリが特定の権限の許可を求める理由を慎重に検討することが重要なのです。アプリとその開発者が、あなたの写真、位置情報、連絡先、マイクなどにアクセスすることを本当に望んでいますか?そうでない場合は、アプリの権限を拒否してください。

データ漏洩はすべてのインターネットユーザーにとっての脅威である

データ漏洩は、どのようなデバイスを使用しているかに関わらず、脅威となります。大規模な情報漏洩事件が発生した場合、貴重な個人情報が漏えいする可能性があります。そうなると、犯罪者は入手した情報を悪用して、なりすましやアカウントの乗っ取りなどを行います。24時間365日体制の個人情報漏えい監視とパスワードマネージャーを使用することで、被害を抑えたり防ぐことができます。

オンラインプライバシーはすべてのデバイスで保護する価値がある

プライバシーとは、自分のパスワードやオンライン活動、機密情報などを他人の目から守ることです。ネット上の多くの関係者は、これらの情報に関心を持っています。安全でないWi‑Fiネットワークに参加すると、パスワードや銀行情報も危険にさらされます。オンラインでのプライバシーとWiーFiの安全性を確保するために、VPNを使用してください。

iPadにウイルス対策は必要ですか?

iPhoneと同様、iPadでもウイルスは大きな脅威ではありません。しかし、初期状態で完全に安全なデバイスやOSはありません。他のデバイスと同じように、iPadに対してはウイルス以外にもセキュリティ上の脅威があります。フィッシング、改ざんされた広告、安全でないWi‑Fiネットワーク、データ漏洩などは、iPadユーザーにとってもセキュリティ上の脅威です。

Mac、iPhone、iPadをオンラインの脅威から守りたいと思いませんか?

「F‑Secure TOTAL」は、すべてのデバイスに対応したオールインワンのサイバーセキュリティパッケージです。VPN、アンチウイルス、パスワードマネージャーを含み、24時間365日の個人情報漏えい監視が可能です。1つのサブスクリプションで、Mac、iPhone、iPad、Windows、Androidデバイスをオンラインの脅威から守ることができます。

30日間無料でお試しいただけます。クレジットカードは必要ありません。