VPNの選び方:考慮すべき6つのポイント

VPNは、オンラインのセキュリティとプライバシーを確保します。信頼できるVPNの選び方をご紹介します。

VPNは、インターネット上でプライバシーを守るための優れたツールです。あなたのインターネット接続のトンネルとして機能します。VPNがオンになっていれば、あなたが何をしているのか、VPNプロバイダーを除き、外部の誰もわかりません。お客様の閲覧データを完全アクセスできるVPNプロバイダーは、お客様のオンラインプライバシーにとって重要な存在です。数多くのVPN製品の中から信頼できるVPNの選び方のポイントは何でしょうか。

VPNの選び方に困っている方へ考慮すべき6つのことをご紹介します。

1. 無料のVPNは、実際には無料ではない

無料のVPNというと聞こえがいいかもしれませんが、実際には、すべての企業が費用を負担するためにお金を稼ぐ必要があります。無料VPNの中には、広告でそれを実現しているものもあれば、ユーザーのデータを売ることで実現しているものもあります。無料だと接続速度が遅かったり、機能が少なかったりすることもあります。

2. ベンダーのセキュリティ経験

VPN市場は急速に成長しており、多くの新しいベンダーが参入しています。すべてのベンダーがITセキュリティで多くの経験を持っているわけではなく、各企業についてもあまり知られていないものもあります。VPNソリューションは、オンラインセキュリティとプライバシーに関するものであるため、プロバイダーには透明性とサイバーセキュリティに関する適切な知識が求められます。

3. すべてのレビューが独立した公平ものとは限らない

VPNを探すときには、ネットで情報を検索することが多いと思います。数え切れないほどのVPNの比較やレビューがインターネットに掲載されています。有料のものもあれば、独立したものもあります。どれが偏っていないかを見分けるのは必ずしも簡単ではないので、どれを信用するかについては酷評的に判断する必要があります。

4. VPNプロバイダーの所在地は重要

VPN会社は、自国の法律に従わなければなりません。法律により、データの収集、保存、および当局への提供が要求される場合があります。そして、それにより、お客様のプライバシーが損なわれる可能性があります。また、ユーザーデータの収集と取り扱いを管理する法律がないこともリスクになります。だからこそ、VPN会社がどこの国に拠点を置いているかを知ることが重要なのです。

5. VPNのプライバシーポリシーを確認する

ほぼすべてのVPNはログを残さないことを主張しています。しかし、これは真実ではありません。ほとんどのVPNは、サービスを提供するために少なくとも接続ログを保持する必要があります。その中で、閲覧履歴など、秘密にしておきたいデータもあります。VPNプロバイダーの主張を確認し、プライバシーポリシーを読みましょう。

6. 数千台のサーバーがセキュリティリスクになる可能性もある

VPNプロバイダーは、世界中のサーバーをレンタルしています。特に、大量のサーバーオプションを提供していればなおさらです。言い換えれば、VPNプロバイダーはサーバーネットワーク全体を完全に制御できないことを意味します。VPNでどの国へのアクセスが必要を考慮し、単にサーバーの数が多いベンダーを選ぶべきではありません。そのため、セキュリティリスクを回避するため、VPNの選び方は重要です。

devices

FREEDOMEは、最も安全なVPNです。理由を教えます。

隠すことはないと思っていても、守るべきものはたくさんあります。「F‑Secure FREEDOME VPN」は、オンラインのセキュリティとプライバシーを守ります。FREEDOMEは、お客様のデータを販売することはなく、プライバシーポリシーは子供でも理解できるほどシンプルな内容になっています。F‑Secureは、サイバーセキュリティ業界で30年以上の実績があり、何百万人ものユーザーから信頼されています。F‑Secureは、EUで最も強力なデータ保持法がある国のひとつであるフィンランドに拠点を置いています。