F-Secure Cloud Protection for Salesforce

高度なセキュリティ分析機能により、ユーザーがアップロードしたすべてのファイルとURLを検査し、コンテンツの安全性とコンプライアンス要件を満たしていることを確認できます。

高度な分析機能

充実したレポート機能、高度なセキュリティ分析、完全な監査証跡により、脅威への効率的な対応が可能です。

迅速な導入展開

Salesforce AppExchangeを通じた効率的な導入により、わずか数分で起動、実行ができます。

ミドルウェア不要

Salesforceとのcloud-to-cloudな統合により、F-Secure Cloud Protectionはミドルウェアや高額な追加投資を必要としません。

SALESFORCE社との共同開発

このソリューションは、Salesforceと共同で設計・開発されているため、シームレスな統合を実現しています。

クラウドベースのサービスに革新的なサイバーセキュリティを提供

多くのクラウドベンダーによって、クラウドサービスの有効性、効率性、セキュリティの高さが、従来のオンプミスベースのソリューションより優れていることが実証されています。クラウドサービスの導入によっては、企業は自社のITシステムの一部をクラウドサービスプロバイダに委託することが可能になり、また、クラウドサービスの導入は、導入企業のリソース集約度を抑えるため、運用の煩雑さから軽減されます。

クラウドサービス利用時の、セキュリティに関するユーザ側の責任範囲とは?

クラウドは、エンドユーザが侵害されたり、エンドポイントが感染したりするリスクを軽減するわけではありません。コンテンツがクラウド上で安全にホスティングされていても、標的型攻撃や単純な人為的ミスにより、攻撃者にデータをアクセスされる可能性があります。

F-Secure Cloud Protection for Salesforceは、ユーザがアップロードしたファイルやURLによって引き起こされるリスクを抑制し、Salesforceのネイティブなセキュリティ機能を補完/強化します。

ビデオシリーズで、F-Secure Cloud Protection for Salesforceが各Cloudサービス経由の攻撃からお客様を保護する方法を確認してください。

 

Salesforceとの緊密な連携

この当社独自のソリューションは、Salesforceのプラットフォームのパフォーマンスを低下させることなく、クラウド上で共有されているファイルとURLリンクの安全性を検証することができます。シンプルかつ効果的なクラウド保護の実現によって、世界中の膨大な数のSalesforceユーザから称賛されています。

エフセキュアとSalesforceがどのように連携しているかをご覧ください
Salesforce Cloud
プレミアムサービス
  • Shield Platform Encryption
  • Shieldイベント監視
  • Shield項目監査証跡
アプリケーションサービス
  • アイデンティティ&シングルサインオン
  • パスワードポリシー
  • 2要素認証
  • ユーザロールとパーミッション
  • 項目と行レベルの セキュリティ
ネットワークサービス
  • HTTPS暗号化
  • 侵入テスト
  • 高度な脅威検知
  • セキュア ファイアウォール
  • IPログイン制限
インフラストラクチャサービス
  • 安全なデータセンタ
  • バックアップと ディザスタリカバリ
  • リアルタイム レプリケーション
  • 第三者機関認定
  • カスタマー監査

+

エフセキュア
パートナーサービス
F-Secure Cloud Protection
  • リアルタイム脅威インテリジェンス
  • マルチエンジンチウイルス対策
  • スマートクラウドサンドボックス
  • レポート機能と監査サービス
  • セキュリティ分析サービス

お客様のシステムを守る仕組み

F-Secure Cloud Protection for Salesforceは、画期的なセキュリティクラウド技術により、リアルタイムの脅威インテリジェンス、高度なウイルス対策機能、およびスマートクラウドサンドボックスを用いたシステムの保護を実現します。

ファイル、URL、またはEメール

 Cloud Protection for Salesforceは、Salesforceの使用を妨げることなく、Salesforceプラットフォーム内におけるファイルのアップロードとダウンロード、URLリンク、およびEメールを監視します。

SALESFORCE CLOUD

アップロードされたコンテンツはSalesforce内でインターセプトされ、F-Secure Security Cloudで脅威分析・検出プロセスにかけられます。

分析

コンテンツのリスクプロファイルに応じて、さまざまな技術を駆使して多段階的な分析プロセスが実行されます。

  • 脅威インテリジェンステスト
  • マルチエンジンウイルス対策
  • スマートクラウドサンドボックス
検知

不正なコンテンツはユーザによる誤用を防止するため、自動的にブロックされ、ユーザーへは対応方法についてのガイダンスが提供されます。

対応

充実したレポート、セキュリティ分析、および完全な監査証跡がSalesforceプラットフォーム内で提供されるため、管理者は効率的なインシデント対応が可能です。

クラウドサービスにおける責任共有モデルとは?

従来のオンプレミス上のITサービス代わるクラウドベースのサービスでは、セキュリティ面でかなりのメリットがあります。また、顧客のコンテンツを保護するために責任共有モデルを採用しています。責任共有モデルとは、具体的には何を意味するのでしょうか?

企業がクラウドベースのサービスを活用することで、より多くの責任がプロバイダ側に移行されます。すなわち、クラウドベンダーと顧客企業の双方が、それぞれの管理下にある機能の障害に対して責任を負うことになります。簡単に言うと、クラウドで発生した障害はプロバイダ側に対応する義務があるということです。

ただし、これは、顧客企業側のすべての責任が免除されるという意味ではありません。顧客企業のエンドポイントデバイスからクラウドに接続されるまでのすべてのものはユーザの責任範囲になります。業界をリードするITリサーチおよびアドバイザリ企業のガートナーは、2020年までにクラウドのセキュリティ障害の95%がクライアントの過失によるものになると予測しています。この予測に照らすと、企業が責任共有モデルを完全に理解し、関連するセキュリティ手順を実践できることが不可欠になります。

Asset 2

組織とその資産に求められるセキュリティレベルを達成するには、3つの重要な指針に従う必要があります。

  • 1. 自社にとって最適なサービスを選択します
  • 2. そのサービスに対する、責任共有モデルにおける義務を理解します
  • 3. サービスプロバイダと協力して自社のセキュリティ対策を行います。
SALESFORCE環境の保護におけるエフセキュアの働きに非常に満足しています。

当社は、主要な大学と連携し合いながら学生たちの成功を支援するための組織であるため、学生や教育機関から提供される情報の機密性を何としても確保しなければなりません。彼らのプライバシーは当社のセキュリティ能力にかかっており、その信頼に応えられるか否かは当社の評判を左右します。 エフセキュアは当社の期待に十分応えてくれました。市場にあるSalesforceセキュリティ製品の中でも最高のソリューションであるだけでなく、それを活用するにあたってエフセキュアチームが提供してくれたサポートの水準は驚くべきものでした。

お問い合わせ

クラウド環境でのセキュリティを確保のため、御社の準備はできていますか?製品やデモに関するお問い合わせはこちらで承っております。

その他のセキュリティソリューション

F-Secure Protection Service for Business

PC、モバイルデバイス、サーバを守る、クラウドベースの包括的なエンドポイントセキュリティパッケージ。

F-Secure Radar

ターンキーベースの脆弱性スキャンと管理機能でビジネスクリティカルな脆弱性を管理します。

F-Secure Countercept

エフセキュアのソリューションは、経験豊富なサイバー犯罪の専門家から提供された 最新の攻撃手法や洞察を活用することで、大きな成果を収めています。あらゆるサイバー脅威から企業を保護します。