御社のニーズにきめ細かく対応します

2種類のビジネスモデルからの選択

エフセキュアのソリューションは大きく2種類に分けられます。エフセキュアのクラウドで管理するタイプとユーザ環境内に管理サーバを置くタイプです。いずれも年間ライセンス販売とSaaS(Security as a Service)が可能です。

年間ライセンス

これは従来からのビジネスモデルであり、ユーザーが製品を購入し先に料金の請求が行われるものです。典型的なライセンスの期間は、1年、2年、あるいは3年です。そしてユーザーはライセンス期間の終了前に (ライセンスの終了日よりも前に)、更新手続きをします。

  • 年単位契約のライセンス - 通常事前に料金の請求が行われるもの
  • 1年・2年・3年ライセンス
  • 更新は通常、ライセンス期間の満了前に行います。

SaaS (Security as a Service : サービスとしてのセキュリティ)

月単位のライセンス(SaaS)は、継続的なサービス契約です。新規ユーザは最初に販売店経由でライセンスを購入し、サービス開始後は月単位の料金が請求され、書面による契約終了の通知で契約が終了します。

  • 月間ライセンス
  • 書面による契約終了が成立するまでは有効
  • 更新は適用されません。

SaaS はより多くの収入をもたらします少ない労力で

製品は2種類のカテゴリーに分かれており、お客様の特定のニーズに合わせたサービスを提供することができます。従来型の年単位ライセンス契約モデルはお馴染みですが、エフセキュア パートナーとして SaaS (Security as a Service : サービスとしてのセキュリティ) の持つ可能性を考えてみてください。それによりさまざまな形での導入モデルが可能となり、 それぞれのお客様の特定のニーズにお応えすることが可能となります。

メリット

  • 長期的な収入を確保する
  • より多くの収入を上げる
  • 毎日の管理業務に割く時間を減らす
  • 最高の保護機能を利用することができる

御社のお客様に、弊社の SaaS サービスはきっと気に入っていただけます。

  • コスト高・柔軟性に欠ける資本投資の必要がない
  • 管理・事務業務のシステムを追加する必要がない
  • 社内に高レベルのセキュリティエキスパートをかかえる必要がない
  • IT リソースをセキュリティにではなく、経営に集中させるために