F-Secure Freedome for Business のプライバシー ポリシー

要点

Freedome for Business は、管理ポータルを通じて管理VPNを利用したウェブアクセスとモバイルデバイスの管理を組み合わせます。サービスと機能を提供するために以下が行われます。

  • 本サービスは第三者からのデータトラフィックを暗号化します。
  • データ収集の目的はデバイスとサービスを対象とし、ユーザ個人ではありません。
  • 収集されるほとんどのデータはデバイスやアプリケーションをより効率的に管理できることを目的として、雇用主の IT 管理者に提供できます。
  • F-Secure はユーザのデバイスを保護するために匿名のセキュリティ データを収集します。

本サービスの目的は、デバイスとその接続を保護し、管理することです。本サービスは従業員を監視するために設計されていません。本サービスは、F-Secure もしくはお客様の勤務先のIT 管理者が行動を追跡、写真を閲覧、誰へ電話や連絡をしたか、もしくはサービスを介したサイトの閲覧履歴などをわからないように設定されています。

全文

この製品特有のポリシーは F-Secure Protection Service for Business (「PSB」) プライバシーポリシーに付属のものです。この付属の方針は 1) 本サービスにおいてお客様から収集する個人情報の種類 2) その利用目的に焦点を当てています。この二点に焦点を当てている理由はこれらがもっともお客様の関心がある部分であるからです。お客様の個人情報の処理に関する他の面においては Protection Service for Business のプライバシーポリシー (PSB サービス全般) and F-Secure プライバシーポリシー (全サービス共通) をご覧ください。

このポリシーは下記に分かれます。

  • 通信
  • ユーザ データ
  • アナリティクスデータ
  • PSB プライバシーポリシー

プライベートの通信

当社は個人的な通信を傍聴する意図はありません。通信データの分析は、サービスの提供とデータ通信の安全性を維持するために行われます。より正確には、これは以下の意味になります。

  • サービスを提供する際にトラフィックのメタデータ(トラフィック量や IP アドレスなど)を処理する必要があります。お客様のプライバシーを守るために、VPNを介して中継されるトラフィックのターゲット IP、ポート、または URL は、後でお客様と関連付けできないようにに保存されません。
  • 通信データ (URL など) は不審なファイルやアクセス先があるかを確認するために分析されます。
  • ユーザ方針に反する通信は自動的に分析されます。

ユーザ データ

管理ポータル内のユーザ データ

このサービスはユーザおよび使用しているデバイスとサービスに関する次のデータを収集して管理ポータルで利用できるようにします:

  • ユーザ名、メールアドレス、および電話番号は、システム内のユーザ データの識別子として使われているお客様の「デバイスID」に関連付けされています。
  • 本サービスのバージョン番号、デバイス識別子(IMEI、モデルなど)、サブスクリプション キーコード、インストールや更新日時、ブロックされたマルウェアの数、オペレーティング システムとバージョン、各機能のステータス。
  • 上記に加え、本サービスは以下の情報を収集します。お客様のモバイル デバイスの型番、脱獄またはルート ステータスの可能性、仮想位置のようなデバイスごとのサービスの統計情報、VPN トンネル内のトラフィック総数、スキャンされたトラフィック量、有害サイト、ブロック済み追跡試行数、およびブロック済みウェブサイトのカウンター数。

収集されるデータは使用しているデバイスとサービスに応じて異なります。

このデータはサービスの運用と管理を行い (無断なユーザの識別、ライセンスの管理、プッシュ通知を含む)、パフォーマンスを測定して、サービスの改善のために使用されます。データはサポートの提供およびサービスの問題解決にも使用できます。

このデータは同じ目的で IT 管理者にも公開されます。F-Secure およびポータル上でもデータは公開されます。IT 管理を委託している場合、サポートや該当する IT サービスを提供できるように対象のベンダー/下請け会社 (F-Secure の再販パートナー) にもデータは公開されます。

F-Secure システムのユーザ データ

ポータルで利用可能になったデータに加え、F-Secure は本サービスを介して、次のデータも収集します。

  • デバイス ID(デバイスにプッシュ通知を送信したり、さまざまなタイプのユーザデータを組み合わせたりするため)
  • デバイスの言語 (サービスの言語がデバイスの言語と同じであるため)
  • また、管理機能の開発目的で、バッテリレベル、内部メモリと SD カードのメモリサイズ、およびインストールされているアプリケーションの一覧を収集する場合があります(サービスが正しくインストールされていることを確認するためのもの)。

一部の管轄区域では、ユーザデバイスの公開 IP アドレスとプライベート IP アドレス、および VPN トンネルの開始時刻と終了時刻を収集する必要があります。合法的に有効なリクエストを受け取った場合、このデータを使用して、特定の時刻にターゲット IP に接続するために使用された発信元 IP を明らかにすることができます。IP アドレスをお客様に関連付けしないため、F-Secure またはIT管理者向けのサービスを経由した閲覧トラフィックの不可視性を損なうことはありません。

アナリティクス

当社が、お客様の当社サービスの利用時間や方法について知り、更にそれを強化し、そしてお客様がどのようにしてサービスのことを知ったかを学び、本サービスはまたインストールの成功ステータス、インストールとアクティベーション パス、性能、動作環境、接続、データ ルーティング、クオータおよびその他の類似メタデータ(どの機能がどれぐらいの頻度で使用されるか等)についてのデータも収集します。当社はユーザ個々の名前でなく、グループの一部としてのユーザー需要や行動にのみ関心を持つものとします。詳細は、当社プライバシー声明のアナリティクスセクションにて説明されています。

PSB プライバシーポリシー

Security Cloud の使用、異なる当事者がお客様の個人データを処理する役割、データ保持ルール、および個人データが処理される法的根拠は、F-Secure Proteciton Service for Business のプライバシーポリシーに記載されています。

2018年5月