ポリシーマネージャ

ビジネスセキュリティを管理・制御する

お問い合わせ

あらゆる組織に対応した拡張可能なセキュリティの集中管理

ポリシーマネージャは、最高のビジネスセキュリティソフトウェアで、簡単に管理・制御ができる多層型保護で構成されています。ビジネススイートの集中管理ツールとして、自動化することにより、要求の厳しいIT環境に高度なオンサイトエンドポイントセキュリティ管理機能を提供します。すべてのセキュリティアプリケーションを一カ所で管理することができ、セキュリティポリシーを定義・配布し、企業のセキュリティ全体を監視し、企業ネットワーク内のエンドユーザの動作を制御することができます。

  • 自動アップデート機能により、ITインフラのあらゆるレベルを安全に保つ
  • セキュリティポリシーを一元的に定義・配布し、企業全体のセキュリティを監視する
  • 1つのツールで物理、仮想の双方の環境を管理
  • Webアクセスを制御してネットワークを保護し、生産性を向上させる
  • 不明なサイトからの特定のコンテンツをブロックし、侵害された資産に対する外部からの制御を阻止
  • オンラインバンキングやその他のビジネスクリティカルな取引が安全に実行可能
  • エフセキュアプロキシによるネットワークトラフィックの削減と拡張性の向上
  • ソフトウェアアップデーターによるパッチ管理の自動化

ポリシーマネージャは、ITセキュリティのすべての層を制御できるように設計されており、セキュリティ管理をシンプルおよび柔軟にします。一カ所でITセキュリティを管理できる簡単かつスマートな方法を提供します。

利点

自動化はセキュリティと効率化の鍵です

ポリシーマネージャは、ITセキュリティのすべての層を制御できるように設計されており、セキュリティ管理をシンプルおよび柔軟にします。一カ所でITセキュリティを管理できる簡単かつスマートな方法を提供します。ポリシーマネージャは、ビジネススイートの中枢部です。要求の厳しいIT環境に優れた制御機能を提供する、高い拡張性を持つ自動化された一元管理ツールです。

  • 複雑な環境でも高度な管理機能を発揮
  • すべてのIT資産とユーザタスクを容易に制御してセキュリティを強化
  • 日常業務の自動化による管理負荷の軽減
  • 物理、仮想、混在、およびハイブリッドの各環境に対応した共有管理ツール
  • エンドポイントからゲートウェイまでのセキュリティ管理

機能

セキュリティ管理

セキュリティ設定を管理し、セキュリティプロファイルをカスタマイズ

設定を一元管理

アップデートのインストールを実行

エフセキュアプロキシ

ネットワークトラフィックを大幅に削減

Active Directoryの同期

Active Directoryと自動的に同期

MySQLをサポート

レポート、監視、バックアップを改善するデータベースサポートの強化

セキュリティ監視

全体のセキュリティ状況を一目で把握し、詳細なレポートを作成

レポート

ドメインごとにスケジュールされたレポートを取得

管理階層

管理者のビューと管理権を定義

Syslogのサポート

サードパーティのSyslogサーバおよびSIEMサーバにアラートを転送

ソフトウェアアップデーター

Windows®およびサードパーティのソフトウェアにパッチを適用して最新の状態を維持

デバイス制御

USB経由のマルウェア感染の防止

WEBコンテンツ制御

Webサイトへのアクセスを制御してセキュリティと生産性を向上

接続制御

オンラインバンキングのような機密性を有するアクティビティに対するセキュリティを向上

ブラウザ保護

安全で効率的なオンライン作業を確保

ボットネットブロッカー

侵害された資産への外部からの制御を停止し、高度で永続的な脅威を阻止

サーバ管理

サーバセキュリティを一元管理し、セキュリティとステータスの詳細を可視化

PC と Mac に 不明なサイトまたは有害サイトからの特定のファイル形式へのアクセスをブロック

製品

集中セキュリティ管理

管理者は、ポリシーマネージャからセキュリティポリシーを配布して、ワークステーションのエンドポイントセキュリティを個人またはグループ単位で管理できます。同時に、デジタル署名がアップデートの整合性を確保します。

  • セキュリティ設定を一元管理
  • 個人のセキュリティポリシーを作成してカスタマイズ
  • どのコンピュータまたはコンピュータグループにも個別プロファイルを割り当て可能
  • 複数の管理者セッションを同時並列で実行
  • エンドユーザに変更を許可する、設定と機能を定義

エフセキュアデータベースアップデートの制御

エフセキュアプロキシは、データベースとソフトウェアのアップデートを簡単に制御できます。エフセキュアプロキシを使用すると、次のことが可能です。

  • ネットワークトラフィックを大幅に削減
  • ポリシーマネージャからプロキシサーバに負荷を分散することで拡張性を向上
  • シグネチャアップデートとサードパーティソフトウェアアップデートの制御と配布
  • ポリシーで構成された1つ以上のプロキシインスタンスをサポート

自動パッチ管理

サイバー攻撃の80%以上は古いソフトウェアが原因です。ソフトウェアアップデータは、自動的にソフトウェアとWindowsを最新の状態に維持します。既に統合済みであるため、既知の脆弱性に基づく攻撃を簡単に回避できます。

  • 未適用のソフトウェア更新がないかコンピュータをスキャンし、Microsoft Windowsオペレーティングシステムとプログラム、およびサードパーティアプリケーションの脆弱性を防ぐため、パッチが適用されている状態を維持
  • セキュリティポリシーを一元的に定義・配布すると共に、企業全体のセキュリティを監視
  • ソフトウェア名またはbulletin IDに基づいて自動モードの適用除外を定義
  • コンソールインタフェースから除外対象のフィルタを設定することで手間を省略
  • インターネットトラフィックを最小限に抑えるプロキシソフトウェアの更新

自動でActive Directoryと同期

ポリシーマネージャは、Active Directoryと自動的に同期し、Active Directory構造内の変更を見つけ、非管理ホストを探します。

  • ポリシーマネージャのドメインツリーをActive Directoryと自動的に同期
  • 非管理ホストを見つけ、管理者に通知
  • 複数のActive Directoryサーバをサポート

セキュリティと生産性を向上

WEBコンテンツ制御を使用することで、非生産的および不適切なインターネット使用を制限し、ユーザが企業ネットワークからアクセスできるWebコンテンツを管理することができます。

  • 不適切なWebコンテンツに伴う生産性の損失、帯域幅の消費、法的リスクを軽減
  • ポリシーマネージャ内で事前に定義されているコンテンツカテゴリを使ってWebサイトの制限を強制
  • 保護の層をもう1つ加えることでセキュリティを向上

安全なオンライン取引

接続制御は、バンキング型トロイの木馬がサイバー犯罪者に機密情報を送信できないようにします。これは、不明なサイトへのネットワーク接続を自動的に閉じて、オンラインバンキングなどのビジネスクリティカルな操作中に新たなサイトへの接続を防ぐことで実現します。HTTPSをサポートするサイトへの接続制御を有効にすることができます。

  • ビジネスクリティカルな資産への統制された安全なアクセスによってセキュリティを向上
  • ビジネスクリティカルなセッションの弱点であるWebブラウザを保護
  • オンラインバンキングまたは他の機密性の高い操作を実行するときは、エフセキュアによって安全性が確認されているサイトのみ接続を許可
  • オンラインバンキングのユーザ認証情報の盗難による財務上の損失を防止
  • クラウドベースのCRMアクセスを経由した営業上の秘密の盗難を防止

不明なサイトからの特定のコンテンツをブロック

Webトラフィックスキャンの高度な保護機能を使用することで、不明なサイトの特定のコンテンツをブロックし、従業員が安全かつ効率的にオンライン状態で作業できるようにします。

  • 不明なサイト上の、Flash、Silverlight、実行可能ファイル、Java、およびActiveXコンポーネントなどのコンテンツをブロック
  • 信頼されていないソースのJavaアプレットとWindowsマルウェアを100%ブロック
  • 信頼されているサイトをホワイトリストに登録
  • ボットネットブロッカーが、ホストレベルでドメインネームサーバ(DNS)クエリをブロックすることにより、既知のボットネットに関連するネットワークアクティビティを未然に防止

集中セキュリティ管理

管理者は、ポリシーマネージャからセキュリティポリシーを配布して、ワークステーションのエンドポイントセキュリティを個人またはグループ単位で管理できます。同時に、デジタル署名がアップデートの整合性を確保します。

  • セキュリティ設定を一元管理
  • 個人のセキュリティポリシーを作成してカスタマイズ
  • どのコンピュータまたはコンピュータグループにも個別プロファイルを割り当て可能
  • 複数の管理者セッションを同時並列で実行
  • エンドユーザに変更を許可する、設定と機能を定義