Server Security

パワフルなサーバ保護

お問い合わせ

サーバ保護は、セキュリティの鍵を握る重要な要素です。

サーバセキュリティは、サーバ保護に特化されたアンチマルウェアスイートで、受賞歴を有するファイルサーバ保護ソフトウェアです。 ウイルス、トロイの木馬、スパイウェア、ルートキット、およびその他のマルウェアに対して、強化されたリアルタイム保護を提供します。 中央およびローカルのユーザインターフェース管理オプションは、ポリシーマネージャまたはビルトインされたWebコンソールで行います。

  • エフセキュアの受賞テクノロジー、ディープガードは、ビヘイビア分析に基き、新たな脅威をプロアクティブに検出します。
  • ソフトウェアアップデーターは、オペレーティングシステムやサードパーティのサーバソフトウェアのアップデートを行い、脆弱性を突く攻撃から守ります。
  • 集中管理またはローカルでの管理に対応しています。集中管理は、ポリシーマネージャーで、ローカルでの管理はWebコンソールで行います。
  • Microsoft Windowsサーバ、Citrixサーバ、およびターミナルサーバを保護します。(Citrixサーバ、およびターミナルサーバでの利用はライセンス形態が異なります)

エフセキュアサーバセキュリティは、高度なビヘイビア分析を使用して、マルウェアやソフトウェアエクスプロイトからファイルサーバを保護します。

利点

エフセキュアサーバセキュリティは、強靭なサーバ保護ソリューションで、システムのパフォーマンスを低下させることなく、マルウェアやソフトウェアの脆弱性に対してファイルサーバを保護します。 リアルタイムのスキャン機能を備えた、管理の容易なソリューションをお手頃な価格で提供しており、あらゆるタイプのオンライン脅威からサーバを保護します。

  • サーバセキュリティは、クリティカルなビジネス資産に不可欠な保護機能を提供します。大半のデータ漏洩の問題に対応しています。
  • サーバセキュリティは、仮想環境・物理環境に対するインパクトが少ないため、コストが節減できます。

機能

Microsoftファイルサーバの保護

ウイルス、トロイの木馬、ルートキットやその他のマルウェアから、Microsoftファイルサーバを保護

ディープガード

プロアクティブなオンホスト保護

Webトラフィックスキャン

Webトラフィック(HTTPプロトコル)における悪意のあるコンテンツを検出・ブロック

ブラウザ保護

Webブラウザのエクスプロイトや悪意のあるWebサイトから、端末ユーザを保護

オフロードスキャンエージェント

仮想環境にある、エフセキュアスキャンレピュテーションサーバにマルウェアスキャンを負荷分散します。

ソフトウェアアップデーター

ベンダーにより配布されたパッチのインストール機能により、システムやアプリケーションのアップデートを確実に行います。

ボットネットブロッカー

ボットネットを効果的に除去します。

高度な保護

コンテンツのタイプに基づき、たファイルタイプをフィルタリングします。

製品

ビヘイビア分析に基づく比類のない保護

ディープガードは、新に発生した脅威に対するプロアクティブなオンホスト保護を提供します。 悪意のある動作を効率的に発見して阻止するダイナミックかつプロアクティブなビヘイビア分析技術を採用しています。

  • シグネチャデータベースのアップデート前でも、既知および新しい脅威に対する即時のオンホスト保護を提供
  • インストールされているプログラムに対するエクスプロイト攻撃を阻止
  • 不審な活動を認識してブロック
  • マルウェア感染による機密性の高いデータ喪失の可能性を低減

オンライン作業の保護

従業員が安心して、安全かつ効率的にオンライン状態で作業できるようにします。

  • 従業員による有害なサイト、リンク、コンテンツへのアクセスをプロアクティブに防止
  • 人的ミスをプロアクティブに排除しリスクを回避
  • すべての主要ブラウザで動作

スキャン作業によるリソースへの負荷を軽減します。

専用のスキャンエージェント、スキャンレピュテーションサーバを使用し、エフセキュア製品のリソース利用を最適化します。

  • ハイパーバイザーに依存しない機能により、 純粋仮想から混在、そしてハイブリッドまで、すべての環境におけるサーバを保護します。
  • VMware、Citrix、Hyper-V、およびKVM環境でパブリッククラウドとプライベートクラウドの仮想化を保護します。
  • 仮想マシン上でのメモリ、CPU、ディスク容量の消費を削減

統合されたパッチ管理

サイバー攻撃の80%以上は、古いソフトウェアが原因です。 ソフトウェアアップデーターは、サードパーティソフトウェアとWindowsを最新の状態に維持し、既知の脆弱性に対して修正パッチを適用するのに役立ちます。 すでに統合済であるため、既知の脆弱性に基づく攻撃を簡単に回避できます。

  • キーコンポーネントは、脆弱性に対する攻撃の80%以上を防御します。
  • サードパーティソフトウェアの適用可能なアップデートを可視化
  • 御社の環境における脆弱性の分析に役立ちます。

ボットネットを効果的に撃退

ボットネットブロッカーは、コマンド&コントロール(C&C)ドメインへの通信を阻止することによって、サイバー犯罪者の情報漏洩操作を抑止します。

  • 管理者は、既知のボットネットに関連するネットワーク活動を阻止することができます。
  • ホストレベルでの、ドメインネームサーバ(DNS)クエリをブロックします。
  • 管理者は、ドメインのレピュテーションに基づいてクエリをフィルタアウトすることができます。この場合、ホワイトリストする機能も備わっています。

不明なサイトからの特定のコンテンツをブロック

Webトラフィックスキャンの高度な保護機能を使用することで、不明なサイトからの特定のコンテンツをブロックし、従業員が安全かつ効率的にオンライン状態で作業できるようにします。

  • ユーザーが、潜在的に脅威を含むコンテンツを、ダウンロードすることを阻止することができます。
  • 不明なサイト上の、Flash、Silverlight、実行可能ファイル、Java、およびActiveXコンポーネントなどのコンテンツをブロック
  • 信頼されていないソースのJavaアプレットとWindowsマルウェアを100%ブロック
  • 管理者は、選択したサイトをホワイトリストすることができます。

ビヘイビア分析に基づく比類のない保護

ディープガードは、新に発生した脅威に対するプロアクティブなオンホスト保護を提供します。 悪意のある動作を効率的に発見して阻止するダイナミックかつプロアクティブなビヘイビア分析技術を採用しています。

  • シグネチャデータベースのアップデート前でも、既知および新しい脅威に対する即時のオンホスト保護を提供
  • インストールされているプログラムに対するエクスプロイト攻撃を阻止
  • 不審な活動を認識してブロック
  • マルウェア感染による機密性の高いデータ喪失の可能性を低減