侵害は必ず発生します:
備えが重要

高度な攻撃からビジネスとデータを保護する

侵害の脅威を、事前に、そして効果的に防止することは、サイバーセキュリティの要ですが、標的型攻撃で使用される、戦術、技術、および手順(TTPs)からビジネスとデータを保護するためには、予防措置だけに頼ることはできません。急速に進化する脅威のランドスケープと規制要件(GDPRなど)により、高度な攻撃に対して侵入された後の侵害検知と迅速な対応が求められています。経験豊富な脅威解析分析チームによって習熟されたエフセキュアのサービスが、脅威対策の知見と行動分析を組み合わせて、IT環境の状況とセキュリティを監視します。認定されたEDRサービスプロバイダー経由やエフセキュアのサイバーセキュリティ専門家により管理する、検出・対応サービスにより、お客様はビジネスに集中しつつ、侵害を早期に食い止めるために専門家の指導を受けることができます。

侵害前

防御 防御 検知 対応 コンサルティングと評価サービス 脆弱性管理 エンドポイントとサービスの保護 高度な脅威の防止

侵害後

Advanced Threat Protection

F-SECURE RAPID DETECTION & RESPONSE

Endpoint Detection & Response(EDR)サービスは、IT環境の状況とセキュリティを監視し、攻撃が発生する都度、対応へのガイダンスを提供します。

F-secure Rapid Detection &
Response Service

エフセキュアのサイバーセキュリティ専門家による、Managed Detection and Response (MDR)サービスは、24時間365日体制でセキュリティ状況を監視し、攻撃の発生都度、数分以内に警告します。

F-Secure Countercept

高度な技能を持つサイバー攻撃者による本格的な手動攻撃を、24時間365日体制で検知/対応する、高度なマネージド脅威ハンティングサービスです。

干し草の中の針を探しているように - 実世界での例

お客様のサイトに設置された当社の1,300ノードのセンサーが、1か月間にわたって約20億件のイベントを収集しました。当社のバックエンドシステムの生データ分析で、900,000件までにふるいをかけました。

さらに、当社のBroad Context DetectionTMメカニズムにより、その数を25件に絞りました。最後に、25件の検出について詳細に解析し、そのうちの15件だけが実際の脅威であることが確認されました。

極めて正確に真の脅威をあぶりだすことで、実際のサイバー攻撃に対して常に迅速かつ効果的に対応することができます。

20億

データイベント/月

約1,300個のエンドポイントセンサーで収集

900 000

不審なイベント

イベントのリアルタイムの行動分析後

25

検出

不審なイベントに対する、広範なコンテキストを追加後

15

真の脅威

検出したイベントを真の脅威として確認した後

エフセキュアのセキュリティ専門家は、他の企業よりも数多くの欧州サイバー犯罪現場捜査に参画しています。そして、サイバー脅威の動向を追跡し続けていますので、お客様に常に最新の脅威対策の知見をご提供することができます。